わきがの治療で保険適用するには?

wakhk

わきがで重度の症状の場合は手術をすることになると思いますが
ここでやっぱり気になるのが治療費です。

自分で全額負担ともなるとかなりの金額になります。

そこでわきがで保険の適用が出来るのはみてみましょう。

結論としてはわきがでの保険の適用はあります。

ただし保険の適用が受けれるのは症状が重度の場合で
対象となるのが「剪除法(皮弁方)」を使っての手術です。

自由診療だと両脇で数十万円かかるところ保険適用で
両脇が4万円弱くらいで手術を受けることが出来ます。

ここで保険適用のポイントは臭いがひどくて
他に人にも仕事上等で問題があるということで
このことから症状が軽度の場合は保険適用になりません。

とはいってもここは駄目だったけど違うところでは大丈夫だったというように
そのクリニックのドクターによるというところが大きいです。

Q:保険適用してくれるところを見つけるには?
A:わきがは病気ではないので美容外科等にいっても適用されにくいので
皮膚科や形成外科で治療を受けると保険の適用がされる場合が多い。

手術費用が保険適用で安くなることで今まで手術費が高くて
諦めてた人にとってはうれしいことです。

ただし何回もいいますがわきがの保険適用される対象は
「皮弁法」の手術だけというのは覚えておいてください。

この手術はわきの皮膚を切って開いてわきがの原因となる
アポクリン汗腺等を取り除く治療法です。

この「皮弁法」の手術後は10回くらいの通院は必要となります。

あとのデメリットといえばやはり皮膚を切るので
傷跡が残るということでしょうか。

それでも保険適用がきくということで治療としては
一番人気があります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加