わきがの最先端治療ミラドライのデメリットとは

ミラドライは、メスを使わない最先端のわきが治療方法です。

従来は、重度のわきが治療には外科手術でニオイの原因のアポクリン腺を
除去する方法が一般的でしたが、強い痛みや傷跡が残ったり、
回復に時間が掛かったりと患者の体に負担が大きいのがデメリットとされていました。

ミラドライはメスの代わりにマイクロ波を患部に照射してアポクリン腺を破壊するため、
短時間の施術で済み、傷跡も残らず患者への体の負担が軽くなり、
わきがの新しい画期的な治療方法として注目を浴びています。

どの方法にもデメリットが存在し、ミラドライにもデメリットが全くない訳ではありません。

例えば、ミラドライは自由診療のため保険適用外扱いとなり、
他の治療方法と比較すると高額になります。

医療機関によって価格が変動しますが、およそ40万円から50万円くらいと言われます。

また、最新技術のため扱う医療機関や症例が少ないこともあります。

ミラドライのリスクやデメリットをよく理解してから、施術を受けることをお勧めします。

waki9

このエントリーをはてなブックマークに追加